+o やまさき小児科|福岡市早良区の小児科・アレルギー科

やまさき小児科
小児科・アレルギー科

ALL FOR SMILE ~幸せは笑顔から~

子どもと家族に笑顔と安心を提供します!

具体的には・・

やまさき小児科
小児科・アレルギー科


ALL FOR SMILE ~幸せは笑顔から~

子どもと家族に笑顔と安心を提供します!

具体的には・・

 


  • 午前健診時間帯: 火・水・木・金 11:00~11:30
             土 9:00~11:30
  • 予防接種と健診は前日の12時までにご予約ください。

産休復帰スタッフ急増のため、夕方から働ける方募集中です!

【お知らせ】 

  • ◆ 7月Dr.不在日および診療体制のお知らせについてはこちら
  • 【重要】23年9月から第1水曜日午後休診になります。
    ミーティングや院内環境整備の為、休診とさせていただきます。
  • ◆院内にご意見BOXを設置しました。
    ご意見・ご要望などなんでもご記入ください!病気や子育てに関する疑問などもご記入いただけます。
  • ◆予防接種の痛みを和らげる方法 詳しくはこちら
  • ◆乳幼児健診デジタル化(母子モ)について 詳しくはこちら

【抗原検査・PCR検査のご案内】
 ◆詳しくはこちら


24. 5.17
【子宮頸がん(HPV)ワクチン救済措置終了のお知らせ】
子宮頸がんワクチンの接種を逃した方への無料接種できる期間が2025年3月で終了となります。
詳しくはこちら  子宮頸がんについて詳しくはこちら
24. 4.1
【小児コロナワクチン接種終了のお知らせ】
厚生労働省からの資料に基づいて、2024年4月1日より小児コロナワクチンの全額公費は2024年3月末をもって終了しました。 今後の接種については各自治体にお問い合わせ下さい。当院でも詳細が分かり次第、お知らせします。
24. 3.31
【2024年4月1日より、新しいワクチンが開始されます】
肺炎球菌ワクチンが強化、4種混合+ヒブワクチンが、5種混合ワクチンへ変更となります。詳しくはこちら
23. 12.22
【アトピー性皮膚炎の新しい治療薬について】
アトピー性皮膚炎にとても効果のある注射薬「デュピクセント」が小児に適応になりました。
軟膏等で十分な効果が得られない方にお使い頂けます。当院では6歳以上の生ワクチン終了した方に投与が可能です。保険診療内で治療ができます。 詳しくはこちら
23. 11.1
【開院4周年!ありがとうございます!】ごあいさつはこちら
23. 10.25
【花粉症、アレルギー性鼻炎について】
1年中鼻づまりはありませんか?春になると目が痒くなったり、鼻が多くなったりしませんか?
アレルギー性鼻炎には年中症状が出る鼻炎と特定の時期だけに症状がでる鼻炎(花粉症)があります。
お薬・点眼・点鼻も処方することができるので早めに対策しましょう。
アレルギーの種類によっては舌下免疫療法が適応になるかもしれません。
お子様はもちろん大人の方もご相談下さい♪詳しくはこちら
23. 6.1
一般診察で、現在の時間帯予約に加えて『順番予約』を導入しました。詳しくはこちら
22. 3.28
【食物経口負荷試験 開始のお知らせ】
食物アレルギーの診断の基本である「食物経口負荷試験」を開始しました。詳しくはこちら
20. 6. 8
公式LINE、Instagram始めました。詳しくは、こちらをご覧ください










待合室がみんな一緒だと
病気がうつりそう

◆待合室がみんな一緒だと、
病気がうつりそう

当院では受診歴の有無に関わらず、発熱・その他感染症が疑われる症状がある方も受診可能です。
待合室を一般待合室と熱など感染の可能性がある疾患の待合室(5室)に分けており、院内感染予防を行っています。また、予防接種・健診優先時間帯を設けていますので、感染が気になる方も安心して来院してください。

アレルギーが心配
 

◆アレルギーが心配

気管支喘息、食物アレルギー、花粉症などこどものアレルギー疾患に対応しています。
体質改善が期待できる舌下免疫療法(ダニ、スギ)も行っています。
食物アレルギーの診断の基本である「食物経口負荷試験」を行っています。詳しくはこちら

おねしょで困っている
 

◆おねしょで困っている

当院は、院長が腎臓専門医でもあるので、夜尿症(おねしょ)をはじめとするおしっこの病気の改善に努めています。


院長挨拶


ホームページご覧になっていただいて、ありがとうございます。
令和元年11月、福岡市早良区重留で小児科クリニックを開業しました「やまさき小児科」院長 山﨑 靖人(やまさき やすひと)と申します。

私は、32週1600gの早産・低出生体重児で産まれました。3月生まれの私は、4月生まれの子と比較すると1年以上も差があることになり、同学年の子と比べて体格や発達もかなり遅れていました。大きな病気こそありませんでしたが、幼稚園入園児には言葉を話せず、小学校に入ってからもおねしょが治らず…母はとても心配したそうです。
しかし、両親の愛情の賜物でしょうか、私は周囲より遅れていると感じることはなく、小学生のときから将来は「小児科医」か「小学校の先生」になると決めていました。
小児科医である父には医師になるように言われた事は一度もありませんでしたが、幼いながらにまっすぐにこどもと向き合う父の姿に憧れていたのかもしれません。大学も「医師になる」というよりも「小児科医になる」と決めて受験し、卒業後も何の迷いもなく小児科を選択しました。その後も小児科医として経験を積み現在に至りますが、その間、小児科医を辞めようと思った事は一度もありません。
大学病院で日々診療を続けるうちに、「最先端の医学に携わることも大事だが、日本の小児医療を支えるのは地域の小児科医ではないか」と考えるようになりました。
さらに、最先端の医学も大切だが予防医学こそが最も大切であるとも考えました。もともと私の持論に「こどもが幸せになるためには、まずは家族が幸せになること。そして、幸せになるために誰にでもできる簡単な方法は笑顔になること」というものがありました。予防医学をさらに突き詰めると、「予防医学の第一歩は家族の笑顔からスタートするのではないか」と考えるようになり、これが当院の理念となりました。
家族の笑顔がこどもの幸せ・健康の礎になると信じています。

お子さんのことで不安に思うことがあったら、些細なことでもご相談ください。一緒に、お子さんが笑顔になる方法を考えましょう。


【院長はこんな人】

2児のパパ。
趣味は野球、サッカー、サイクリング、スノーボード、温泉、釣り、ラーメンの食べ歩きにジーンズ収集。
阪神ファンを自称するが、最近長男の影響でホークスに染まりつつある。

「理想のイクメンは、ママのして欲しいことをさりげなくできるパパ」が自論。

*山﨑院長の略歴
2003年 福岡大学医学部卒業 同大学病院小児科入局
2009~2010年 あいち小児保険医療総合センターに勤務。腎疾患の臨床・研究に取り組み、腎臓専門医の資格を取得
2011~2019年 福岡大学病院、福岡大学筑紫病院、福岡大学西新病院に勤務。助教として病棟医長や小児科長等を歴任
2019年11月 やまさき小児科を開院
*資格
日本専門医機構認定小児科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医


【岩田先生はこんな人】

1児のママ。
夫はもと保育士で、今はきこり、生粋の関西人、納豆きらい。
趣味は読書、院長に言わせると活字中毒、、。海が好き。

\ 岩田先生のご挨拶 /
東京生まれ、栃木育ち、アメリカの高校卒業後、長野の大学医学部へ。
初期研修は兵庫県の淡路島で、小児科研修は横浜で、子育ては沖縄で、そしてアレルギーの研修は福岡でと、色々な都市や場所をわたってきました。
福岡はとても住みやすいところで気に入っております。
共働きが多くなって、働くお母さんが増えている昨今、お母さん方が、仕事も育児も楽しく人生が充実できるよう、サポートできるような医療を目指したいです。

*岩田先生の略歴
1993~1999年 信州大学医学部
2000~2002年 兵庫県立淡路病院全科研修
2002~2004年 神奈川県立こども病院小児科研修
2004~2013年 大阪や沖縄で小児科の非常勤、常勤勤務
2013~2021年 国立病院機構福岡病院小児科
*資格
日本専門医機構認定小児科専門医
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医


当院の理念


~ ALL FOR SMILE 
幸せは笑顔から ~

 「子供は泣くのが仕事」だとすれば、私の仕事は子供を笑顔にすること。それにはまず、ママやパパが笑顔でいることが大切だと思います。笑顔は幸せの種。暮らしを豊かにし、家庭を街を明るくします。

上に掲げた理念は、そんな「笑顔=幸福づくり」の当院の誓いです。
基本となるのは、子供の「困った」を見極める医療技術・設備の向上と、パパやママの「不安や負担」を少しでも解消するホスピタリティの充実。実践するには、医療スタッフの笑顔も欠かせません。

子供と家族の幸せのために、私たちに何ができるのか。
『やまさき小児科』は、その問いにまっすぐ向き合います。

【我々のビジョン・ミッション】 
・ビジョン  
 元気な子供と親の笑顔があふれている社会 
・ミッション 
 笑顔で安心して出産や子育てができる社会を創る

やまさき小児科が目指すもの


ミッション 笑顔で安心して出産や子育てができる社会を創る
ビジョン 元気な子供と親の笑顔があふれている社会


当院の強み
~ こんな経験ありませんか? ~
みなさんの心配・困ったにお応えする「やまさき小児科」6つの魅力

当院の強み
~ こんな経験ありませんか? ~
みなさんの心配・困ったにお応えする
「やまさき小児科」6つの魅力


写真 当院では受診歴の有無に関わらず、発熱・その他感染症が疑われる症状がある方も受診可能です。待合室を一般待合室と熱など感染の可能性がある疾患の待合室(5室)に分けており、院内感染予防を行っています。また、予防接種・健診優先時間帯を設けていますので、感染が気になる方も安心して来院してください。

写真 気管支喘息、食物アレルギー、花粉症などこどものアレルギー疾患に対応しています。 体質改善が期待できる舌下免疫療法(ダニ、スギ)も行っています。
 
 

3.おねしょで困っている

写真 当院は、院長が腎臓専門医でもあるので、夜尿症(おねしょ)をはじめとするおしっこの病気の改善に努めています。

4.診察が何時になるか分からないから予定が立てにくい

写真 当院は時間帯予約を採用しており、時間帯を選んで予約することができます。学校から帰ってから、習い事の後に、など都合に合わせて予約ができます。
*診察の時間を約束するものではありませんのでご了承ください。

5.聞きたいことが聞けなかった・・・

写真 院長は患者さん、ご家族の不安が無くなるよう丁寧な説明を心掛けています。予防接種時は次回スケジュールを提案、健診時は問診を一人一人時間をかけて行うなど、スタッフもご家族が安心できるよう努めています。
ご不安な事、ご不明な事はどのスタッフにでも声をおかけください。

6.健診や予防接種をしたいけど、病院のスケジュールと都合が合わない

写真 健診や予防接種は、優先時間帯以外でも対応しています。隔離室も完備しているので安心です。


ご家族全員が笑顔に
なれるよう努力します!



「開いててよかった」と思ってもらえるよう


朝は早く8:30からクリニックを開けています。
夕方も保育園、幼稚園が終わってから行けるよう18:20まで開けています。

もしお子さんの症状で
お悩みがあれば

ただの風邪なの、不安な病気なのか、まずはっきりさせて安心したいと思いませんか? 何もなければ「大丈夫です。よかったですね。」と笑顔でおこたえしますし、万が一何かあったら大きな施設との連携で安心できる治療を行います。 お子さんのことでお悩みがあれば、まずやまさき小児科にご相談ください。

ご予約はこちら



やまさき小児科のこだわり


安心で、楽しいクリニックを目指しています。
具体的には、ささいなことまで相談に乗って答えをくれるから安心。
安心できるからお母さんも笑顔、子供も笑顔、笑顔あふれるクリニックを目指しています。

やまさき小児科のこだわり


安心で、楽しいクリニックを目指しています。
具体的には、ささいなことまで相談に乗って答えをくれるから安心。
安心できるからお母さんも笑顔、子供も笑顔、笑顔あふれるクリニックを目指しています。

<

 

 

 

 

 

 

 


アクセス



私たちの思い

「よく食べるようになった。」
「遊ぶようになった。」
「よく寝るようになっています。」
をお母さんの口から聞きたいと思っています。
一度やまさき小児科に来てみませんか?
明るい未来のお手伝いができるかもしれません。

住所:電話番号

福岡市早良区重留7丁目18-2
092-872-8030
WEBご予約はこちら

院内紹介はこちら

地図




  • yamasaki-syounika